メダカの寿命はどれくらいですか?

メダカの寿命は、飼育環境・生育環境が大きく影響を与えます。

天然、自然界のメダカの寿命

池や湖沼、用水路などの自然に生きる天然のメダカの寿命は、1年~1年半程度と言われています。

汚れた水やエサ不足、天敵の出現や天候の良しあしなど、様々な原因で1年未満で命を落とすメダカがほとんどです。

人工的飼育環境下のメダカの寿命

人工的な飼育環境下、家庭用の水槽など天敵がおらず、病気になりにくい環境と栄養価の高いエサが豊富にあるというような整った飼育環境下では、メダカはおよそ3年、長くて5年程生きることもあります。

※病気になったメダカは、病気や体調次第で薬浴や塩浴により回復させられます。

家庭用の水槽で小型のもの大型のものといった水槽の大きさでもメダカの寿命が異なり、メダカの体力を消耗させずに、ストレスを与えなければ、良く長生きするともと言われます。

メダカの越冬と寿命

メダカは、越冬します。水槽が凍るほどでなければ、メダカは活動を抑えて冬を耐え越冬します。

しかし、メダカは、元々、暖かい地域の生き物です。
暖かい地域での生育に適した体を持つメダカにとって、越冬はとてもストレスが大きいイベントであることは間違いありません。

メダカに長生きをしてもらうためにも、メダカの飼育環境の防寒対策はとても重要です。

メダカの品種による寿命の差

メダカの品種は、寿命には、あまり影響を与えないと考えられます。

しかし、形態の異常や特別に目立った形を特徴にしている品種のメダカ(出目メダカやおなかの出ているダルマメダカなど)は、その特徴が寿命に対して影響を与える可能性があり、品種全体として寿命が短くなる恐れがあります。

また、見た目では判別がつかなくても、体質が弱くなっている品種のメダカもいます。

メダカの老化と飼育環境

老化は寿命ですので老化により命を落とすメダカは、長生きできていることになります。

老化したメダカは、よく整えられた飼育環境下では寿命をまっとうできるかもしれませんが、環境へのストレス耐性が落ちていますので、若いうちは問題のなかったことでも命を落としてしまうかもしれません。

メダカを4年・5年とさらに長生きさせたい(もっと寿命を伸ばして上げたい)と考えると、さらに整えられた生育環境を用意させてあげることが大切になります。

上の方で、メダカの越冬について触れていますが、4年目を過ぎたころからメダカは、老化のために越冬がより難しくなります。

小さな違いが、メダカの寿命に大きな影響を与えます

メダカはとても小さいな生きものですので、小さな環境の違いが寿命に大きな影響を与えます。そのため、メダカの寿命は一概に言えるものではなく上記のようにばらつきがあります。