神戸メダカの飼育方法を段階を踏んで教えてください。

1.太陽光をたっぷり浴びた元気な親メダカが卵を産んだら、メダカの卵を採取しメチレンブルー入りの容器に移します。

2.早ければ10日程でメダカの卵が孵化します。産まれた赤ちゃん(針子)メダカを別容器に移し、PSB(光合成細菌)を与えて育てます。

3.成長スピードがメダカ個体によって違うので、大きさ別に選別し水槽に分けて飼育します。
与える餌も、稚魚メダカ用パウダーや粉末のものに変わります。

4.約3ヶ月程で成魚メダカになり、産卵を始めるメダカ個体も出てきます。

神戸めだか もも屋の元気なメダカは毎日産卵しますので、どんどんメダカも増えていきます。
同じ親メダカでも、産まれる子メダカの柄や色が1匹1匹違いますので、自分好みの可愛いメダカをみなさんも育ててみて下さい。